ファンドオペレーションFUND OPERATION

ファンド概要Fund Overview

アップサイドを狙ったアクティブ型、安定的な期中インカムを提供する保有型、よりアグレッシブでハイリターン重視の開発型ファンドなど、様々な投資家のニーズに応えて運用しています。

ファンド概要

投資戦略Strategic Investment

戦略的ポートフォリオ
投資リスクの軽減はもちろん、競合プレイヤーの少ないエリアやクライテリアを選択、インカムはもちろんのこと、キャピタルゲインも狙えるポートフォリオを戦略的に構築します。
運用物件の選定
安定した賃貸事業収入のある、あるいは将来的に見込める不動産であることを原則としますが、相当のポテンシャルが予見できる場合は、開発を前提とした土地、あるいは老朽化した物件等も広く対象として検討します。
ファンドニーズへの対応
様々な投資家様のニーズにお応えするため、アップサイドを狙ったアクティブ型、安定的な保有型、よりアグレッシブでハイリターン重視の開発型などに対応しています。

業務品質向上への取り組みSuperiority of Operation Quality

ファンド運用の業務は多岐に渡るため、アセットマネジャーには膨大な業務を正確に行う体制が求められます。 当社は各業務の要所で複数のチェックが働く体制を構築し、業務品質の向上を図っています。

取り組みの内容

ファンド運用の直接的な執行ラインは、投資運用1部及び2部が行います。利害関係者に対して各種報告・指図を行い、ファンド業務を円滑に進めます。
一方、内部管理室は、執行ラインが行う業務についてチェック・モニタリングを行い、業務の正確性・遵法性向上に努めています。また監査室においても定期的に業務の効率性・妥当性について業務監査を行っております。
経営会議・投資委員会では、各部から付議される重要事項について審議し、業務判断における牽制機能の役割を果たしています。

業務品質向上への取り組み

ページトップへ